光の書

スピリチュアル情報などについて紹介していきます。

神の言語

f:id:nkaihatsu:20180218022511j:plain

 

仮に「守護霊さん」や「ハイヤーセルフ」がいたとして、

そういったものの声を聞くことはできるのでしょうか。


霊能力者であれば、直接「語りかける」「聞く」という方法もあると思います。


でも、能力者でもない人にも神は常に

「語りかけている」

と思っています。


その方法としては、自分は

「ひらめき」

「やってみたいという衝動」

「何回も同じサインを見る」

などに現れることが多いと思います。


「急に何か思いついた」とか

「何回も同じことが思い浮かぶ」

というのは可能性が高いと思います。


また、神の意志は行動とも結びついているので

「あそこに行ってみたい」

「あれをやってみたい」

と強く思うのもその可能性が高いと思います。

 

悟りをひらいた人が

「今をいきる」とか

「瞬間にいきる」

というのも、そういった

「自分にもっとも適した行動をとるため」

というのもあるのではないかと思います。

 

「何回も同じ言葉、同じサインを見る」

というのも、そういった神の言語だと思いますが、

若干、自分の

「信念のフィルター」

というバイアスがかかるため

少し精度はおちるような感覚があります。


「瞬間のインスピレーションを大切にする」

というのが大事かもしれません。


「神の言語」を聞き取り、実践するに比例して

「神の言語」が与えらる数も増えると思います。

 

スポンサーリンク

?