光の書

スピリチュアル情報などについて紹介していきます。

準備しよう!

 

本日2回目の投稿です。

インスピレーションとして

「書いたほうがいいな」

と思ったので書きました。


たびたび、このブログでも登場する

「ラムサさん」

ですが、ラムサさんも「終末」のようなものに言及しています。


その中で、これから起こるかもしれない飢饉や疾病、戦争などについて言及しています。


仮に「終末」のようなものがやってきたとしたら、

ポジティブなシナリオも

ネガティブなシナリオ

もありうると思いますが、


どちらにしても

「光を強める」

ということが大切ではないかと思います。

 

光を強めることによってポジティブなシナリオになりやすい。


ネガティブなシナリオになっても、集合的な闇を軽くし、

また、個人にとっても集合的なものの影響を軽減する、または受けづらい


のではないかと思います。


そうなると、やはり重要なのは

日月神示が言っている

「みたま磨き」

というのが重要で、身口意のコントロールが大切になってくると思います。


また、先ほど投稿した

「ゼロに向かう」

ということ。

 

ものごとに価値判断することをやめ、しゅくしゅくと対処し、エネルギーの浪費をおさえ

「光を強める」

ということが大切だと思います。


この文を見て、何かしら感じるのであれば

やはり「みたま磨き」はしておいて損はないのではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

?