光の書

スピリチュアル情報などについて紹介していきます。

【資格】効果的勉強法1「オリラジ中田、ロザン宇治原の場合」【受験】

f:id:nkaihatsu:20180117180122j:plain

 

人生の中で、「試験」と言われるものは大きなウェイトを持っています。

 

一流企業に行きたければ一流大学に行かなければいけませんし、お医者さんになりたければ国家試験に受からなければなりません。

 

私たちが仕事を通して自己実現していくためには、必ず「勉強」というものを超えていかなければなりません。

 

また、受験や資格試験でだけでなく、効果的な勉強法を習得すれば生涯にわたり自らを助けてくれるに違いありません。

 

ここでは効果的な勉強法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

・オリラジ中田氏の言葉

 

薄い問題集をたくさんやる。 最後のページまで終わったら捨てる。やりきった時の爽快感がはんぱない。

 

ひとつの出版社ですべてを網羅する問題集は作れない。

 

知らない一般人は分厚い問題集を買う 。

 

分厚いからやる気が出ない 。だから自信がなくなり、 成績が下がる。

 

 

薄い問題集を何冊もやることで、何度も見る問題が出てくる 。

 

頭にインプットされ、 これは「よく出る問題」とわかり、テスト出たときに答えられる。

 

最高の1冊なんて探さなくていいわけ。もう気付いたら頭の中にある。  

 

薄い問題集に数多く手を付けるというがポイントで、そこからやる気や達成感、重要ポイントがわかったりします。

 

 

 

・小さい紙に書く

 

自分ですごく大事なところが何かを選んで、詰め込んで書く。

 

テストの直前でこれ見たら・・・重要なところ整理できてるよね?

 

自分で苦労して選んだところだから、頭の中にも入っている。1回読めば思い出せる。

 

スポンサーリンク

 

 

(ロザン 宇治原氏) 

 

・途中でやめた問題集が人生で1冊もない。

 

終わらせる日にちを決めてから、日数で割る。

 

300ページの問題集を2ヶ月で終わらそうとすると1日たったの5ページでいい。 調子がいい時、10ページやったら調子が悪い日に「こないだ10ページやったからやらなくていいや」ってなる。それをやりだすといつか問題集をやらなくなる。

調子が良かろうが、悪かろうが、1日決めたページしかやらない!!

 

一番大切なのは「うがいと手洗いや!」

 

試験で体調を崩したら元も子もありません。 

 

勉強法を習得するには「勉強法を勉強する」のが効果的です。頭のいい人はみんな知っている!

 

こちらがおすすめです

     ↓

【塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法】高校受験・高校入試の土台を作る!!元中学校教師道山ケイの定期・中間テスト対策プログラム~